2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.06.01 (Tue)

Perfume 「ナチュラルに恋して」

前回のLady Gagaから、また半年ぶりの更新である。自分の聞いている音楽についての覚え書きくらいのつもりで始めたのだが、年2回だと、10年でも20回。これでは覚え書きどころではない。更新回数をもう少し増やすために、スタイルを変えてみることにした。これからは、1. 短くする、2. ぶっきらぼうにする、3. 解説しない、4. 説得しない、5. 時間をかけない、6. 自分のために書く、7. 推敲しない、8. まとめない、で書いてみようかと思う。


と書いてみたものの、そんなふうに書かれたものなど、自分でも読みたくないな。。。なんて悩むから書けなくなるんだな。そういうことも気にすまい。


で、半年ぶりがまたPerfumeである。同じ人は扱わないつもりだったのだけど、この春に出た「ナチュラルに恋して」と「不自然なガール」もすごくいいので、やはり半年ぶりの再開はPerfumeだ。仕事中は聞かないけれど、気分が滅入ったときや、車に乗っているときや、たまにiPodもって外に出るときはPerfumeを聞いたり見たりすると、しみじみとPerfumeがいてよかったと思う。


ナチュラルに恋して(初回限定盤)(DVD付)



それは自分にとってももちろんそうなのだが、あ~ちゃんとのっちとかしゆかにとっても、Perfumeがあってよかったなあと、べつにまったく関係ないのに、そんなことを思って親心のようにほっとする。なんなのだろう、この気持ちは。たんに完全にミーハーだということか。


前にも書いたけど、この高揚感は自分に欠落していた時代とのシンクロ感のようなものをPerfumeをとおして感じられるせいかもしれない。それは現代とのシンクロ感覚であるだけでなく、自分の若い時代とのシンクロ感覚でもある。でもノスタルジーとはちがう。彼女たちが表現している世界が、もっとリアルで、現在進行形の感覚として感じられるのである。それがふしぎだ。


そういえば、1年以上前だったか、『新建築』という雑誌を見ていたら、建築家の原広司が、だれかにPerfumeがいいと薦められて、なんとなく動画を見てみたら、いつのまにかしょっちゅう見るようになって、何でいいのかわからないが見ないではいられなくなったというようなことを、かなり破綻した途方に暮れたような文章で書いていた。原広司は、東大の名誉教授でもう70歳を過ぎているはずだが、その気持ちはよくわかる気がする。そうなのだ、なんだかよくわからないけど、かきたてられるのだ。それはAKBとかからはまったく伝わってこないなにかだ。


「ナチュラルに恋して」のあのパステルカラーの衣装と、さわやかで、かろやかで、小気味いいダンスの楽しさ。ナチュラルとは対照的な「不自然なガール」の不自然な人工性の美しさ。けれども、ダンスの魅力の奥に、なにか独特の感覚的イメージ、クオリアというやつかな、それが喚起されるのだ、Perfumeの場合は。



「ナチュラル」はその歌詞や旋律やリズムが、春の快活な光や、かるい風や、とりどりの花の色などをよびおこすようで、その永遠に過ぎ去らない、イデーのような春の気分の中に引き込まれてしまう。腕を組んでスキップするように歩く3人の姿が、幸福の原像のように思われてしかたがない。昨春の「ワンルーム・ディスコ」にしても、昨夏の「ナイト・フライト」にしても、そこに歌われている世界が、けっして自分の経験と結びついているわけではない。にもかかわらず、なんともいえない手触りのあるせつなさがこみあげてくる。



あと、やはり直角二等辺三角形ツアー・バージョンの「edge」はカッコいい。「誰だっていつかは死んでしまうでしょ
だったらその前にわたしの一番硬くてとがった部分をぶつけてsee new world」の「see new world」と「死ぬわ」をかけているところもぞくぞくする。





結局、長くなってしまったし、ミーハー文になってしまった。でも、Perfumeがいてくれて、ほんとうによかった。





スポンサーサイト
03:13  |  Japan Pops  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://donchosan.blog47.fc2.com/tb.php/13-9a20d6b7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。