2008年11月 / 11月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.11.26 (Wed)

Perfume First Tour「GAME」

このブログは自分が聴いている音楽についての覚え書きのようなものである。ほかに「王様の耳そうじ」というブログがあるのだけど、そっちは個人的な趣味はあまり入れないという原則でやっていたので(実際はそうでもないんだけど)、もうひとつ発作的につくってみた。

あっちのほうだって更新が滞りがちなのに、もう一つやってどうするという気もするのだが、気分も変わるんじゃないかと思って、やってみることにした。原則的に毎回、CDを取り上げるという形式になると思うが、レビューというよりその音楽をネタに思いつくことを書いてみるというものになると思う。

Perfume First Tour 『GAME』
Perfume First Tour 『GAME』
posted with amazlet at 08.11.22
徳間ジャパンコミュニケーションズ (2008-10-15)
売り上げランキング: 22



一回目はPerfumeのPerfume First Tour「GAME」(DVD)。なぜPerfumeなのかというと、日本の旬なアーティストのアルバムを予約して買ったのは、生まれて初めてだったからだ。旬なものに浸って、時代とシンクロする快感というのを知ったのもPerfumeが初めてだった。

きっかけははっきりしていて、YouTubeにあがっていた「シークレットシークレット」という曲のプロモーション・ビデオをなんの気なしに見たことだ。



冒頭、バスドラの音ともにのっちがぱっと目を開けて、シルエットになったタテ乗りのダンスがはじまったときには、不意打ちを食らったように背筋がぞくっとした。なんだ、これは。巧妙な演出と無機的で不思議なダンスに思わず見入ってしまった。

J-Popはほとんど聞かない。街を歩いていて、メガヒットしているらしい曲が流れていて、ああ、こんなのが流行っているのかと思う程度で、すすんで聞きたいと思うことはなかった。だから、シークレットシークレットのPVの衝撃は自分でも思いもよらなかった。

それから毎日、一カ月くらいは毎日なんどもこのPVを再生して、束の間の陶酔にひたった。これまで女性になりたいと思ったことはないけれど、これを見たときは自分も女の子になってシークレットシークレットを踊りたいと気持ち悪いことまで考えた。iPodもカーオーディオもperfumeづくしで、コピーしてピアノでも弾いた。くりかえし動画を見ているうちにPVの細部まで脳裏に焼き付いた。

PV中、イメージシーンでダンスが中断する場面があるが、ステージではその間どんなダンスがくり広げられるのかが気になって仕方がなく、動画サイトをあたっては、その見ることのできないダンスがどんなものなのかを探した。たぶん同じようなことを思っていたファンもいるだろうから、レコード会社側もうかつにライブの映像など流出させない。そんなわけでずっと落ち着かない気分でいたので、ライブのDVDが出ると聞いたときは、迷わず予約した。そのころにはPerfumeの歴史から、各メンバーの性格から、それぞれの曲のダンスの動画から、Perfumeの曲がエンディングにつかわれていたBSフジの深夜ドラマまで網羅していた。りっぱなミーハーである。

なんでこんなに熱病のようにPerfumeに魅せられたのか、よくわからない。もっとも、そういうのはぼくだけでないらしく、それまでJ-popなんてバカにしていた同じく40代くらいのおやじどもが、けっこうPerfumeにはまっているとも聞いた。一説には、彼らがかつて聞いていたYMOやクラフトワークなどのテクノを思い出させるからだともいわれているらしい。だが、これは怪しい。自分もYMOやクラフトワークはそこそこ聞いていたけれど、当時YMOやクラフトワークの人気なんてたかがしれていた。少なくともぼくのまわりではサザンを聞いている人に比べれば、YMOファンなんてごくわずかだった。

Perfumeの魅力をつくってるのは、作詞作曲プロデュースにあたっている中田ヤスタカのつくる曲のよさもあるだろうし、クラブミュージックをベースとし、アナログシンセやボコーダーをつかったサウンドのレトロめいた新鮮さもあるし、無機的でありながら複雑なダンスの魅力もあるだろう。また、3人組の若い女の子でありながらも性的なものを感じさせないキャラクターなどもあるだろうし、過剰なイメージ戦略などのあざとさを感じさせないせいもあるだろう。それでも、この熱病の理由がそれで解けた気はあまりしない。

そのときふと思ったことがある。ひょっとして、これって、数年前のヨン様ブームに似ていないか。むろんヨン様ブームの規模には及ばないものの、数年前、大量のおばさまたちがヨン様にはまったのと似たような力学が、おじさんのPerfume熱に見られるのではないか。

ヨン様ブームがあんなに広がったのは、コアな芸能ファンだけではなく、どちらかといえば芸能ニュースに対してそれまでほとんど関心のなかったインテリおばさま層がヨン様に魅せられたからだと聞いたことがある。芸能情報や女性週刊誌とは無縁だった彼女たちは、知的でピュアな印象を与えるヨン様に、現実の夫や子どもや社会に対して見られない夢を託し、それがのちの韓流につながる一大ブームにつながった(のかな?)。

Perfumeファンの40代以上のおじさんたちにも同じような傾向が見られるのではないか。実際、Perfumeが中田ヤスタカのプロデュースになってしばらくして、ライブに来る人たちの層が変わったと、メンバーが、どこかのインタビューで話していた。それまで集まるのはどちらかといえばださいオタク系が多かったのが、にわかに、ファッションやセンスのいい、かっこいい中年のお客さんが増えてきたというのだ。もっとも、その「かっこいい中年」に自分が含まれるかどうかは別の話である。

ヨン様ファンと同じく、Perfumeファンのおじさんの中には、ふだんは歌謡曲やJ-popなど聞かず、どちらかといえば別ジャンルの音楽を聞いてきて、そこそこインテリでおしゃれだったりして、けれども、現実の妻や子どもや社会に対しては、けっこう夢を失っていて、かといってアイドルとかオタク趣味に走るにはどこかブレーキがかかってしまうというタイプがけっこういるのだろう。Perfumeには、そんなおじさんたちの夢をかきたて、ときめかせるものがある。それはフェティッシュなオタク性や、少女趣味とはちがう。あえていうなら、おやじの中の少年性を甦らせてくれる、なにかせつない感情を刺激されるのだ。それは歌詞が基本的に男の子の視点から書かれていることとも関係があるかもしれない。

Perfumeを聞くとき、おじさんはおじさんの視点から彼女たちの曲を聞くのではなく、かつて少年だった自分にたちかえって、その世界に入っていく。そのときの少年は、現実の自分の少年時代とはかならずしも一致しない。現実の自分は多分にもっとダサくて、さえなかっただろうが、ここでは、ほんとうはこんなふうでありたかったという少年になって、実際には経験したこともない思いに浸るのかもしれない。アーティフィシャルで元気のいいPerfumeの音楽世界は、そんな夢を見るのを可能にしてくれるのだ。


スポンサーサイト

テーマ : おすすめ音楽♪ ジャンル : 音楽

15:07  |  Japan Pops  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。